前橋、高崎で家づくりを考えはじめたら前橋のハウスメーカー、シンクホーム

前橋、高崎で家づくりを考えはじめたら前橋のハウスメーカー、シンクホーム

 トップページ > コンセプト > 日本の山を自然を守るサイトマップ
失敗しないし住まいづくりの秘訣「名前とメルアドだけで簡単登録!メールセミナー全34回」
名前とメルアドだけで簡単登録!
メールセミナー全34回

名前とメルアドだけで簡単登録!
メールセミナー全33回


シンクホームのフェイスブック
ページです。施工例満載!

動画再生
お客様の声がムービーで
ご覧いただけます。

水まわりトラブルも安心!24時間365日緊急対応!

家づくりで日本の山を守る(近くの山の木で家づくり)

家づくりで日本の山を守る (近くの山の木で家づくり)

日本は国土の67%、約2500万haの森林面積を持つ世界有数の森の国です。
ところが、日本の木造住宅で使われる木は、80%近くが輸入材です。

ドイツではおよそ百年間、全土で「森林再生」と「林業再生」が取り組まれ、
1000万ヘクタールの森をつくり直してきて、
「森を使って生かす」森林国となることができています。
「多様な森づくり」に取り組んで、針葉樹・広葉樹混合の、天然更新を重視する
大径木づくりが行なわれており、それが林業の効率的な経営につながっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
養老委員会・提言
「石油に頼らず、森林(もり)に生かされる日本になるために」より抜粋

出典:住まいネット新聞「びお」/若者よ、半世紀をかけて住宅をつくろう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


サケが森をつくっていた。
サケは自らの身体で海の窒素「N15」を川へ運んで、それがクマによって森へ運ばれ、
森の栄養になっていたのです。
まさに、「森」と「川」と「海」がつらなり、つながって生きていることを、
これが教えてくれています。
「森がなくなると海が死ぬ」といわれるように森と海は川によって
見えない絆で結びついているのです。
だからこそ、「命の森」溢れるような豊かないのちが息づく森を大切にすることは、
つながりをもっている命全体を保全することになります。

割り箸の話しですが、もともと日本使われる割り箸は端材や間伐材を生かしたもので、
むしろ森を守っていたのです。
が、国内の生産量はいまやわずか2%。
海外での割り箸製造は原木をまるまる使うもので、 海外の森を割り箸にして
使い捨てているというのが現状です。
さらにお墓の卒塔婆も80%が輸入材なのです。





住まいづくりで地域の種を守る

「お庭に一坪里山を」秋の七草で知られる桔梗(ききょう)などは絶滅危惧種に指定されています。
自生種の樹木や草花が次々に「絶滅危惧種」に指定されるなかで、
家の庭を「種の保存」をはかる試みを進めています。
意識的に空地をつくり、そこに地域の植生を残す。

『樹』をそだて『里』をまもる私たちは小さな会社です。
私たちの家づくりだけでは、小さな力ですが、
それでもその小さな、運動、一人ひとりのわずかな気持ちの変化が、
次世代の子供たちへの大きな贈り物になるのではないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
補助金最大100万円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「群馬の木で家づくり事業へ参加しています」
ぐんまの木を使うことがぐんまの森林を守ります。

詳しくは群馬県のページをご覧ください。

家まるサポーターズ   もしもの時の24時間見守りサービス!じぃばぁヘルプ
     
 

 

有限会社シンク 371-0032 群馬県前橋市若宮町2-10-1 TEL 027-232-1370 FAX 027-232-1667 
------------------------------------------------------------------------------------
Copyright 2004-2016. Shinku All rights reserved.